「ほっ」と。キャンペーン

Body~Mind~Spirit

バリに行って来ました

2017年、明けましておめでとうございます。旧正月も明けました!今年もどうぞよろしくお願いいたします。
先週、ものすごく衝動的に、ほとんど何も予定を決めずバリに行って来ました。バリは歳がばれますが25年ぶり!クタのメインストリートもまだ舗装されていなかったのを覚えています。今やクタは大渋滞、飛行場周りには高速道路が走っていました。クタで1泊し、翌日ツーリストバスでウブドゥに移動、ウブドゥも人の多い街になっていました。それでもどこかゆっくりで居心地が良かったです。
f0024109_21592189.jpgウブドゥの滞在はヨガとマッサージ三昧、こちらはアルソナさんというウブドゥでは有名なヨギーで治療家の先生のセンターです。郊外にも宿泊ができる素敵なヨガリトリートセンターがあるそうです。短い滞在でしたがアルソナ先生発見!f0024109_22155692.jpg




お弟子さんのヨガクラスに参加させていただきましたが、きつかった~!もうちょっとどうにかして次回はアルソナ先生のクラスに参加したい!先生のクラスは大人気で事前予約必須、マッサージは2~3ヶ月いっぱいだそうです。そしてお弟子さん達にマッサージをしていただきました。エナジーラインの指圧とオイルストロークを繰り返し行う、レベルの高いマッサージ、しかも念願のバラのお風呂付き!!

素敵なお店がいっぱいですが、みんなバイクで来店なので、どこのお店の前もビッチリきれいに並んでます。市場の活気もすごい!
f0024109_953359.jpgf0024109_9535216.jpg









f0024109_043319.jpgもっと滞在していたかったのですが、気になる場所がもう1つ、タクシーと交渉をして出発!ウブドゥから3時間、北東端の村アメッドへ。ドライバーさんが写真撮りたいところがあったら停まるから言ってね!と言ってくれたけど、どこもかしこも絵になるので、ボーっと乗り過ごしてしまった・・・。


f0024109_11769.jpg目指したのはこちら、グットカルマバンガロー。十数年前に来た友人のお勧め。当時は夜はオイルランプだけだったと。アメッド唯一の呪術師が経営者でなんと奥さんは日本人。雨季の藁葺きゴザ床海沿いはさすがにカビだらけにもかかわらず、ほぼ満室の上そこいらのホテルよりお値段が高い!興味津々でしたが、シャワーが水だけという事で・・・(負けた)

f0024109_2364388.jpgバロンカフェバンガローに決定。念願のバルコニーで読書するぞ!と。しかしこのくらいの宿は恒例、2日目にはスタッフさんもお客さんもみんな友達みたいになってしまう。今回も楽しいインターナショナルおしゃべりに花が咲き、その合間に読書、なかなか忙しかったような・・・。

f0024109_244124.jpg
波が荒くシュノーケリング日和ではなかったので、バイクを借りることに。ヘルメットを借りようとしたら、誰もかぶってないよって、確かに。そーよ、日本だって私が10代の時はノンヘルだったわ(また歳がばれる)。何十年ぶりノンヘル走行、ヤバイ、気持ち良すぎる!そうとう起伏は激しいけど、全部舗装はしてあるので私の腕前でも大丈夫でした。

f0024109_153535.jpg途中、川?みたいな場所も数箇所通過したけど、道は1本なのでとにかく真っ直ぐ進むのみ。ローカルの人の生活圏も垣間見れて、たくさんハロー!と声をかけられながら、ゆっくり走り続けました。バリは治安が良く、お国柄お人柄がまるい感じがしました。そして日本人をすごく好いてくれているのも印象的でした。1週間のショートトラベルでしたが最高に癒されました。ぜったいリピートしてしまうな・・・。
[PR]



# by katsura_moon | 2017-01-31 22:01

トーラス理論?

f0024109_11483577.jpg昨日お客様から「クラニオセイクラルって宇宙と繋がっているんですか?」と突然唯物論を通り超えた質問を受けました。「クラニオセイクラルはアメリカのオステオパシーの手技の一つで物理的な手法です。頭蓋骨から背骨を通って仙骨の2番までを覆う膜の中に流れる頭蓋仙骨液の流れを整える事をしていますが、液体のリズムが気体になり圧力になって身体の外でも感じられて、すごい先生方は遠隔でも治療をしますので、そういった意味では宇宙に繋がると思います。」とお答えしました。終わってからそれは基本として間違いでないけど、ちょっと説明が足りなかったなーと思いました。

ミクロの中にマクロがある、トーラス理論?細胞の中の小宇宙!たぶんボディーワークをする人は、みんなその宇宙を感覚的に捉えて施術をしていると思われる最重要な指針で、その宇宙の流れに自然に融合していくように滞っているところを解いたり、加速しすぎているところをなだめたりしてリズムを整える事を目的としています。ミクロからマクロを感じて、そのマクロのリズムを観たり聴いたりしながら融合するように身体を整えます。だからやっぱり宇宙と繋がってないボディーワークは迷宮状態、繋がっていることは必須です。

あら、朝から話がでかくなってしまった。

これ↓、面白いです。これはショートバージョン。全編は社会派のお話で、最近もAirっていう空気で走る自動車を開発したインドのTataの社長さんもホテルから転落死とネットに出ていましたので、本当に裏社会ってあるんだわー!と思いました。
ずいぶん話が飛びましたが、トーラス理論繋がりですm(_ _)m





全編はこちらです。全部観てほしいです☆




you tubeはこちらから ↓
https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=yp0ZhgEYoBI
[PR]



# by katsura_moon | 2016-02-21 09:11

選ばれる方の理由 BEST5

f0024109_1583632.jpg
新年明けまして
おめでとうございます。

2015年を振り返り
ビデンスケアを選ばれている方の理由
BEST5
をまとめてみました。


1位 慢性疲労、疲れが抜けず、すっきりしない。
→この症状の方は、背骨が硬直し、周囲に古い血液(瘀血)が滞った状態になっています。また、肩甲骨と頚椎の可動が悪くなり硬直しています。全体の緊張をオイルセラピーと整体の手技を用いて、優しくとき解いていきます。瞑想時のような脳波状態を作りリセットをします。

2位 眠りが浅い、眠れない。
→背骨を緩め自律神経を整え、肋間筋と横隔膜を緩め深い呼吸ができるようにします。
クラニオセイクラルの手技で頭蓋骨が自然に可動できるように整えます。
ほとんどの方がケアの後は深い長い睡眠を取った後のようだとおっしゃいます。

3位 冷えが強く、血行が悪い。

→ひまし油湿布を用い、内臓を暖め、解毒を促します。
全身のオイルケアで、気、血、水の循環力を高めます。
オイルケア後の遠赤外線浴の振動熱により、全身の細胞のすみずみまで活性化させます。

4位 赤ちゃんが欲しい。
→生理周期を意識して来店していただくようお勧めしています。
婦人科系を中心にひまし油湿布を用い暖め整えます。
ホルモンバランスを整える経絡アロママッサージを行います。
心身を整え、ゆっくりとした気持ちで赤ちゃんに来てもらうよう準備をします。

5位 眼精疲労、肩こり、腰痛
→ほとんどの方は長時間のデスクワーク、PCワークが原因です。
全身ケアで緊張を解きますが、ご自分でもできる体操や、頭蓋骨や眼の奥の筋肉
の緩ませ方のお話等もさせていただいております。


統計してみますとなんと7割以上の方リピートしてくださっておりました。
本当に感謝です。

少々鼻息の荒いお正月のブログとなりましたが、新年気持ちも新たに施術をしていきたいと思います。どうぞ本年もよろしくお願いいたします。
[PR]



# by katsura_moon | 2016-01-03 10:00

クラニオセイクラルコース@吉祥寺

f0024109_136583.jpg毎週吉祥寺に通って、2ヶ月間のクラニオセイクラルのコースが終了しました。身体の中には、そして身体の外に向かっても、たくさんの鼓動や流れが規則正しくまた不規則に巡っています。それは海の波のような、風の流れのような・・・。クラニオセイクラル療法はその波の不調和から不調箇所を見つけたり、その流れと一体化することで情報を感じたり、と雲をつかむようでいて、解ってくるとはっきりと手ごたえのある療法です。
今回参加したコースでも、参加者全員が各々の手技を持ったセラピストさんで、触診技術も高かったため、むしろその多様的な見方がお互いに確認できたようなおもしろさの反面、コンフューズ感いっぱいwといった具合でした。しかしこれが本当!答えは自分で経験して見つけていく訳で、簡単に教えてもらえるっていうたぐいのものではないですよね。
三谷先生が使っている約1秒刻みの触診リズムは、私は始めて感じるリズムで、確かに早く情報を得られるかもしれません。もしかするとクラニオセイクラルリズムの中では1番物理的要素が強いリズムかな?書籍にもこのリズムは書かれていないけど、確かにクラニオセイクラルと同質の短いリズムを感じる事ができます。この情報と身体の外側まで流れ出ている圧力からの情報が一致しているかを確認して、一致したら間接法でリリースを行うという事をしばし続けさせていただこうと思います。
大変影響を受けた以前に教えていただいていた九島先生には、意識を入れたら必ず捨ててからタッチ、判断は禁物で、クライアントさんが自然にニュートラルな状態になるまで待つ!というやり方で習っていましたので、この方法が身についてしまっていて戸惑いました。しかしもう1歩、細部の変化まで感じられるようになりたいので、ここはもう一度意識的に行ってみようと思います。そして身についたら捨てる、の繰り返しなのでしょうか・・・。
私はクラニオセイクラル療法を数名の先生に教えていただいていますが、九島先生はエーテル体、アストラル体よりもっと外側の感覚から物理面の硬結や歪みを見つける手法がメインだったと理解しています。クライアントさんの身体の中にある大きく安定した流れで空間で包み込み、深い瞑想状態のような『場』を作り、その『場』から情報を得る感じでしょうか?
三谷先生は、筋肉や腱や骨はもちろん、各神経に正確に触れる技術を持たれているように思います。正確にその部位に目的をはっきりと持って触れる事でダイレクトに治療効果を出す事を目的としています。ですので余計なタッチは一切無く、全てのタッチをカルテに記入して臨床データとされています。大変数学的なアプローチのようですが、見ていると実はやはり空間からの情報が先にありきなのではないか?と思う事もしばしば。
教わるということは、新しい角度からの方法論を提示してもらえます。ボディーワークの奥深さと広がりはきりがないので多くのエッセンスを取り入れさせてもらいながら、私データを増やしつつ、更新しつつ・・・。

こちらは今回教えていただいた三谷先生のHPです。
http://www.rolf.jp/index.html

[PR]



# by katsura_moon | 2015-07-04 01:18

医者と薬に頼らずに「自分の力」で病気を治す

f0024109_0162134.jpg
決していばれる事じゃないんですけど、私はビビリなので、病院が嫌いです。
「伊藤さん、検査くらい行った方がいいですよ」とお客様に心配されていますが、私は病名なんぞつけられてしまったら、そうとう立ち上がれなくなるタイプです。
“患者”って患った者ですよ、あっち側の人と決定をくだされてしまうなんて!そして気が付くと、かれこれ20年くらいは病院とはご縁がありません。
各国の伝承医学でも、病気というのは身体全体の気や熱や水分等のバランスが偏ってしまって、結果どこかの部位に負担がきて機能不全になっているということで、根本のバランスを整えなければ機能不全が治らず治療にならないので、西洋医学の考え方とは反しています。
自分でバランスを取っていくようにいつも自分の心身の声をよ~く聞くように心がけています。なにしろ私には“ひまし油湿布”や“遠赤外線浴”、ちょっとたまには人の手も借りたいが“自分経絡アロママッサージ法”や自分鍼もうちます。“1人クラニオセイクラル”っていう技も編み出しましたw。あら、相当自己完結型・・・とにかく『何か変だ!』という時の、私の徹底ぶりは凄いです(笑)
そんな訳で難しい事にならないうちに不調が改善してしまうので、結果やっぱり病院に行くチャンスを逃します。健康産業に携わっていて、検査もキライなんて、ポリシーだからとかは言えません・・・
ただ、本当にビビリなんです、病名確定患者決定拒否症候群です。

と、こんな話をお客様としていたら、なんとも心強くなる1冊を持ってきてくださいました。
あれ~、私これ読んでた?と思うくらい、ピッタリ思いが一致していてビックリです。
20万人も人の身体を診てきた先生で、私など足元にも及びませんが、皆様の身体を施術させていただいていて思うところには明らかなものがあるのです。そういった話の部分も確認させていただける1冊です。
“生きる力”のある身体は自分で治すことができます。“化学物質”は身体の自然のシステムを複雑化させるばかりです。がんもできたり消えたりしているそうですが、10年もせっせと検査を続ければ誰だってそのうちがんが発見されてしまう、そこでガン患者と確定され、免疫力をガッツリ落とす治療方法しか選択肢の無いという現状では、“ちょっーとそっちは選びたくないのよねー”という意見にも是非耳を傾けていただきたい。しかしその選択ができるのも、私が自営業者だから。会社や組織に属していると、大抵当たり前に検査は必須ですよね、社会に組み込まれた常識。
検査を恐れない強い精神の皆様も、その後の治療法は自分でよく吟味して納得のいくものを選んでいかないと、医学マニュアルに沿った流れに入りがちになってしまいます。できるだけ薬のいらない身体であり続けたいです。
さて、しかし書いているうちに、検査で何を言われても大丈夫な気持ちにはなってきました。
毎年毎年送られてくる健康診断、がん検診・・・今年こそ受けに・・・行くべきか・・・!?
[PR]



# by katsura_moon | 2015-02-18 00:18

春はデトックスの季節です

悲しい出来事が絶えないアラブ、イスラム圏ですが、長い歴史の中では、宗教や医療のメソッドがアラビアからインドを通って中国大陸を経てここ日本に伝わってきています。ホリスティックに統合された真理を求めたこれらの智慧は、アラビアのユナニ医学、インドのアーユヴェーダ、中国の中医学という世界3大伝統医学となり、影響しあいながら、気候、風土、食文化、国民性などのエッセンスが加わり独自の理論となりました。

3つの伝統医学に共通している考え方の基本は、人間の身体は小宇宙であり、宇宙の構成要素~地球の構成要素~自然の構成要素~・・・、で人間の構成要素も同じ、そのバランスで健康が保たれているという考え方。

ユナニ医学は四大元素、『火~空気~水~土』
アーユルヴェーダは『火~水~地~空~風』の五元素から
3つのドーシャ、ヴァータ~ピッタ~カファが構成され
中医学は五行学説で『木~火~土~金~水』となります。

万物の作用や互いの影響、全体の流れの秩序を、カテゴリーに分けて説明した集大成のこれらの理論は、感覚で捉えて納得するような部分もいっぱいですが、人の健康の指針として日常に取り入れると良い、自然の摂理です。
f0024109_1363299.jpg

これは中医学の概念図です。矢印は相生、相克という関係を表しています。実線は母子の“産む”関係、点線は抑える関係。肝・腎心・脾・肺・腎は広義で肝系統などとも呼ばれます。

春は、冬の間消耗を避けてじっとかくれていた動物や植物等全てのものが活動的になり始めます。人の陽気も活発に働き始めます。この季節は体の中の気・血・水がスムーズにめぐる必要がある為、全身の流れを巡らす肝の働きが重要視されます。肝の働きが悪くなると、イライラしたり、やる気が起こらない、寝付けないなどの症状が表われやすくなります。春は特にストレスをため込んだり、暴飲暴食などで肝の働きを弱らせないことが大切です。テーマは『発散!』
そして腎系統の機能を亢進させ、肝臓をサポートし、デトックスを促進すると、夏バテしにくい身体になるというように繋がっていきます。

1年のサイクルのスタートの季節です。
アロマ経絡マッサージ、クラニオセイクラル、ひまし油湿布と遠赤外線浴でお一人お一人の体質に合わせケアをいたします。
お待ちしています。
http://www.bidens.net
[PR]



# by katsura_moon | 2015-02-09 01:40

お散歩?

武蔵小杉のお店の近所を歩いていると
「コケコッコー」
空耳?
「グォッゲグォッグォー」
マジ?
街道沿いの茂みににわとりファミリー・・・
f0024109_1451583.jpg

ご近所に放し飼いをしている方が
いらっしゃるのか!?
ちっちゃいのもいっぱい
たまごまで落ちていそうな勢いでした。
f0024109_14552324.jpg

父ちゃんは階段を身軽に上り
高層ビル群に向かうのでありました。

そんなに急いで何処へ?
[PR]



# by katsura_moon | 2014-06-18 14:51

ワークショップのご案内

あかちゃんを迎えるからだへ
『 ひまし油と感じるカラダ 』


東戸塚の閑静な住宅地の中にあるかわいい一軒屋『うみと森助産院』にて、バースセンター・ジャパン主宰hiloさんのリードで、古代から世界中で使われて来たミラクル治療法、ひまし油を使った『ひまし油湿布』を体験しながら自分で出来るホームケアと、 感じるカラダの瞑想会を行います。

前回 は皆さん産後の方ばかりでしたが、今回はこれから赤ちゃんが欲しい方も、身体を整えて準備をしていきましょう。もちろん妊婦さんも大歓迎です。また、体調のすぐれない方、冷えの強い方ひまし油体験をしてみたい方等どなたでもご参加ください。

↓バースセンタージャパンのHPはコチラ
http://birthcenter.jp/
f0024109_13172979.jpg『からだの旅と
 ゆるゆるトロトロぽか~んを感じてみてください!』

●日 時:5月27日(火)10:30~13:00くらい
●参加費:4400円
 (ひまし油湿布のお土産&ハーブティ付き)
●場 所:うみと森助産院(東戸塚徒歩15分)
 http://www.umimori.net/
●持ち物:よごれてもいい服(お着替えできます)
 バスタオル


ご予約・お問い合わせ
bidens care 044-920-9927
http://www.bidens.net/

[PR]



# by katsura_moon | 2014-05-16 12:04

ヴィッパサナー瞑想センター @千葉

f0024109_10363845.jpg

なんと11年ぶり~っ!!
その時も「継続のみが成功への道です」って何度も何度も講話で聞いていたはず・・・、それで2度目の今回も戻って来てまだ1週間なのに・・・家で瞑想するって本当にムツカシイ。


だからここが存続してくれていて、本当にありがたいです。



f0024109_12151151.jpgここはインド系ミャンマー人で去年大往生されたゴエンカ氏が、仏陀が悟りに至ったという瞑想方法、ヴィッパサナー瞑想を実践して教えてくれるセンターです。正式名称は
『社団法人日本ヴィパッサナー協会ダンマーディッチャ』
当時世界中で40箇所以上あると聞きましたが、日本にも京都についで千葉にも出来て、もっと増え続けていることと思います。

f0024109_10472734.png

こちらは前回伺った京都のセンター、5月の最高の季節に、最高に気持ち良い京都の山の中のログハウスのような素敵なセンターで、10日間の瞑想三昧をした覚えがあります。



今回はこの寒~い季節、サロンのマンションが改装工事の騒音の為しばし休業と決定、ここで行かずにいつ行きますかっ!

参加可能人数は60名、1ヶ月以上前に予約を入れましたが30名入れる宿舎はいっぱいで、な~んとテント!!冬山登山装備さながら、-25度用の寝袋にマット、湯たんぽ等々、大型旅行バックいっぱいで千葉の茂原に向かいましたが、あちらでも毛布、寝袋と湯たんぽ2個も用意してくれていて、寝るときは暑くて大変でした。私は2回目なので“古い生徒”と呼ばれ、ご奉仕ができるそうなので、2日前に乗り込んで掃除やキッチンのお手伝い、古株そうな人も指示してくれる人も先生まで全員ボランティア、そのために近所に越して来る方も多いそうで、そういう方々に支えられて運営されています。

バタバタと2日が過ぎ、お迎えの車がバス停を往復して続々と60名が到着、ちょこっとおしゃべりした方数名、しかしそこから10日間は一切話をせず、目も合わせず、全く1人で過ごしているよう振舞うことを約束させられます。外部からの刺激を極力受けず、自身の内面を観察することに集中します。

瞑想方法はいくつもあるようですが、3日半はアーナパーナ瞑想という、集中を目的とした瞑想を習い、7日間はヴィパサナ瞑想、これは観察を目的とした瞑想方法です。
朝4時半から夜9時まで、お食事と軽い休憩以外毎日座禅組みっぱなし、目もつぶりっぱなし、携帯は預け、筆記用具も持込禁止、日常のすることは最小限の10日間となります。私はテレビは見ないけど、パソコン中毒ですし、何もしないでいることってそんなに長くできません。しかしさせられるんです、ここは。

2日目まで、ちょー辛かったです、足もワサワサ角度変えて、お隣さんに迷惑~な波動を出し続け、脚の痛さから逃れる為にホンキで集中する業を磨くハメとなりました。夜の7時から8時半まで、ゴエンカ師匠の講話の録音を聞くのですが、どうもこの身体の痛みからの解放もステップ?それがだんだん楽になるのです、コツがつかめてくるのですね。アーナパーナ瞑想の3日目、呼吸に集中して~・・・え、もう終わり~?もっとやっていたい~!ってくらいの心地良さに←(講話によるとこれも修行の妨げになるそうですが・・・(汗))
そしてヴィパッサナ瞑想、また方法が違うので難しい!頭からつま先まで観察、観察、観察・・・、あーあきた、集中力持たない、脚痛いし、あーもうヤダ、あと何分で休憩?と頭の中がうるさいのもまた観察、観察・・・。ふと、あ、この感じ!?しかしそこに執着はしない、嫌な感じがあっても嫌悪もしない、仏陀も執着と嫌悪が解脱を妨げていると悟ったそうです、最後に。
って、私、別に解脱したい訳じゃないし~!ってまた頭の中はうるさかったですが、やるしか道が無いのでとにかく観察、観察。
それだけ坐っていると、さすがに起こるんです、いろいろ。旅行もいいけど、身体の中も意識の中も心の中もむちゃくちゃ広い領域があるみたい、クリアに見えて(感じて?)くるほどに、きっともっと・・・私は執着するなー(汗)
ストーリーも何にも浮かんでないのに、身体の組織への集中で涙が出たり、痛みを感じたり、それが開放されて流れ出したり広がったりしました。そして心からの静けさを味わいました。

10日間が過ぎ、おしゃべり解禁がまたすごく楽しい時間となり、仏像のように坐っているように見える皆さんも、同じようにいろいろあったようで、全く外からはわからない内面の何がどうだったかの話が、参加者でないと通じないでしょ~という内容で面白かったです。

いきなりの満員電車に乗り、また大都会?武蔵小杉に戻って、24時間くらいは現実とフィットしない感じでしたが、大丈夫です、またフツーに営業しております(笑)
ちょっとだけ現実に飲み込まれない、客観性が培われた気もしますが・・・、
ゴエンカ氏が何度も言ってました、
「継続のみが成功への道です」
成功とは?何処への道?

まだまだ全くわからないので、次回はご奉仕で入ろうと目論んでおります。
全てが寄付だけで運営されているので、まだ宿舎工事も途中ですが、もっともっと素敵なセンターになっていくのでしょう。

本当に智慧のある方法を実践する、心のある場だと思います。
[PR]



# by katsura_moon | 2014-02-10 14:33

インドに行きました

とっても時間が経ってしまいましたが、8年ぶり、3回目のインド旅行の写真が出てきたのでアップしまーす。

f0024109_14555161.jpgのんびりと時間が流れていたインドの面影は何処へ、街からはお牛様も追い出され、現在のインドは高度成長期真っ只中、デリーには道端のチャイ屋は減り、スタバがオープンしていました。しかしカオスの中でクラクションを鳴らしまくり前の車にどいてもらうという運転ルールは健在でした。


f0024109_15567.jpg
カメラを向けるとみんなでポーズをとってくれるサービス精神たっぷりの国民性も健在でした。
今回はデリーから入り、初めてのラジャスターン地方を目指し、そこから飛行機でカルカッタに飛び、日本へ戻る12日間のスケジュール。



ウダイプルのレストランからの眺望です。どの建物にもエレベーターはありません。湖の周りを歴史を感じさせる古い建物が囲む、とても美しい町でした。
f0024109_1530163.jpg

プシュカルという湖の畔の町で出会ったヒンドゥー教の巡礼者のお2人、なんだかキュートな方々でした。
f0024109_15361329.jpg

f0024109_1542835.jpg町の隅々に生活感が溢れてる、そんな感じが懐かしさを感じさせてくれるのでしょうか・・・?
道端の床屋さん、野菜売りのおばちゃん、道を聞くと知らなくてもどこまでも付き合ってくれるおじさんや、でも人を間違えると何故かガイド料を請求されてみたり・・・(汗)。
おもしろいと思ったのは、定価という概念が未だ浸透していないところ。あなたと私が友人ならば安くなるんだよ、っていう考え方が結構フツーで、またお金がある人が出すのもフツー、ある意味健全な気もする。
日本とフツーが違いすぎるところがすっごいエネルギーいるけど目からうろこでインドが好きな一つの理由です。
f0024109_16143888.jpg



これはアフメダバードという町にある、なんと古井戸です。500年前にイスラム教徒が作った建造物だそうですが、井戸にここまでやる!?
砂漠地方は空気が乾いていて日差しが強く、彫刻の陰影がとても美しかったです。そして中は洞窟の中みたいにひんやり。インド人のセンスと奥深さを感じさせられる空間でした。

f0024109_16291783.jpg






ちょっと横道にそれて河原に行くと、そこに住んでいる女の子と出会いました。かわいかったので写真に写ってもらいました。するとその河原に・・・





f0024109_16345968.jpg
ひまし油の採れるとうごまを発見!!
これは私の背丈位の高さでした。生命力に満ち溢れてる感じ。
良く見ると、お寺の脇にも、バスから見える畑にも、あっちこっちにとうごまだらけ。繁殖力すごそう。




やっぱりインドは広いっ、広すぎる・・・。2日ほど滞在しては、町から町を列車やバスで5時間~8時間揺られて、移動しながら空港のある町アフメダバードに着いたところで、旅も前半終了、後半はカルカッタへ飛行機で移動してやっと念願かなってのマザーテレサのホームに向かいました。
[PR]



# by katsura_moon | 2013-12-06 15:11

身体と心と精神の健康から 人と地球の進化まで・・・?
by katsura_moon
プロフィールを見る
画像一覧

links


●ビデンスボディーケア
www.bidens.net

●S.P.gyallery
www.star-poets.com

●Birth Center Japan
http://ameblo.jp/sevenkeys-gateway/entry-11892369530.html

●Pundarika
www.pundarika.net

●MOOGA-Thai massage for calm
kanatrip.exblog.jp

●ReiReiのオルガン日記
reirei7.exblog.jp


検索

ファン

ブログジャンル