Body~Mind~Spirit

微力と無力

今回は6日間のお休みをいただき、石巻での活動の後、気仙沼で少し活動させてもらい、そのまま亡き祖母の家、岩手県宮古市まで行って来ました。

毎回のパターンですが、コントロールを手放すと、すべて歯車がまわるようにかみ合いながら勝手に進んでいきます。そこでただやるべきことをやるだけ。身体はガテンだけど頭は全く使ってなくて、あれ、これ私のやり方?流れに乗ってるだけだから楽させてもらってます。

今回はマッサージをしたお母さんから、「もうすぐ運動会なのに、小学生180人分の体育着もスニーカーも無い!」という話を聞き、歯車急回転、すぐさま小学校に確認を取り、自衛隊倉庫に直行、1年生から6年生のサイズを見た目は怖いがとっても優しい自衛隊の方々とバーゲン会場さながら漁り、軽トラックに山盛りにしてデリバリー。f0024109_18331521.jpgそちらの小学校は2つの学校が流されて、1つの学校に3校の生徒が来ていて、つい最近まで避難所だったため、スリッパから何から何まで全部配ってしまって物資不足だそう。
「どこからこんなに運んでくださったの?」と教頭先生がびっくりしていらっしゃったので、次の日は教頭先生を自衛隊倉庫にお連れして、運動会の当日は“青空整体&フリーマーケット”の開催となりました。こういった地元の方に情報が行き届いていない部分や、不均衡な事実はいっぱい目にします。とにかく出会ったとこから何ができるか、自我を捨てると歯車が回る感覚は確信できるもので、これで日常も過ごせる人になりたい・・・!

今回初めて石巻から出てまた愕然としました。気仙沼の避難所の方々のストレスや、陸前高田の壊滅地域の広大さ、2ヶ月も経つのに何も手のつけられていないそのままの状態。広田半島などは、何キロ走っても走っても、瓦礫からの出口が無く途方に暮れて、この瓦礫の場所から本当に帰る所の無くなった方々がどれだけいるんだろうと思い、胸が痛くなりました。

宮古の祖母の家も全壊でした。空家だったので被災者は出なかったのですが、確認できるものは土蔵のあった部分の石の土台とトイレの穴、瓦礫は数軒先に山になっていましたが、写真1枚探せませんでした。
宮古は壊滅地域は小さい為か、県外ボランティアは募集していなくて、祖母の家の周りも解体、撤去が進んでいるように見えました。
お墓は無事でお参りをして、自分には東北の血が流れてるなー、と子供の頃に良く来て遊んだ浜を眺めながら思いました。

「良く何度も行くね」と言われるのですが、1回行くとリピーターが多いのは、また何もできなかったし、何も終っていないと思うからだと思います。
でも神戸元気村のバウさんのHPで見た言葉、“微力は無力でない”を信じて、またおじゃましたいと思います。
f0024109_18531294.jpg



突然ですが、一緒のチームのCBちゃん。
のし餅を「待て」されてます。

[PR]



by katsura_moon | 2011-05-26 17:40 | 忘れちゃいけないこと

身体と心と精神の健康から 人と地球の進化まで・・・?
by katsura_moon
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

links


●ビデンスケア
www.bidens.net

●S.P.gyallery
www.star-poets.com

●Birth Center Japan
http://ameblo.jp/sevenkeys-gateway/entry-11892369530.html

●Pundarika
www.pundarika.net

●MOOGA-Thai massage for calm
kanatrip.exblog.jp

●ReiReiのオルガン日記
reirei7.exblog.jp

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧